ゲーマーズ カクテル クラブ

カクテルレシピ情報・ゲーム感想・ゲームサウンドトラック紹介などを発信します。

ゲーム感想

ゲーム感想記事はこちらから

www.game-and-cocktail.com


当ブログのゲーム感想記事に関して

当ブログでは、ゲーム感想記事を掲載しています。

レビューのようなものではなく、個人的な記録簿の意味合いが強いですので、ご購入の参考にしようとしている方は別のレビューブログなりを見に行ったほうが良いと思います。

プレイ済みの方は、「この人はそういう感想なのか。」と広い心で受け入れていただけたら助かります。

 

レビュー記事を読むにあたってのお願い

レビューを読んでいただく方に1点だけ留意していただきたい点があります。

それは、自分がそのゲームに何を求めているかを明確にしてほしいということです。

 

誰しも商品を購入する際には何かを求めています。

「当たり前だろ」と思うかもしれませんが、説明させて下さい。

例えば音楽を聞くためにイヤフォンが欲しいとします。この場合何を求めているのか?

「イヤフォンで音楽を聞くことを求めている。」これでは正解ではありません。

もし正解なら、イヤフォンなら何でも良いという話になります。

そうはならないはずです。

例えば「カナル型が良い」「耳掛け型が良い」「ノイズキャンセルは必須だ」「音質にはこだわりたい」「blutoothは外せない」などなど、実に様々な要望があるはずです。

そしてそれぞれに予算があり、その中で自分の要望を叶える商品を探すはずです。

実際に手に入れた商品が、自分の要望を叶えたなら良い、叶えられなかったなら悪いと評価することになるはずです。

物なら、要望の殆どが機能に収束するはずなので、しっかりと調べれば失敗をすることは少ないと思います。

 

しかし、ゲームや映画などの作品に関しては、受けての感覚によって意見が180度変わるので、「面白いと聞いていたのに、面白くない。」逆に「面白かったのに、面白くないと言われた。」ということがよくあります。

これも「求めている何か」が重要になります。

映画で例えると、「怖い映画を観たい」と本心から思っている人が、全人類が恐怖するほどの映画を観たときに、「怖くて面白かった。」となるはずです。

映画を観た人が、「怖い映画を観たい」ということを求めており、それが叶ったからです。

そんな人が、「怖くて面白くなかった。」とは言わないでしょう。

ゲームで例えると、「簡単なゲームをやりたい。」と本心から思っている人が、簡単なゲームをプレイしたときに、高い確率で「面白かった。」となるはずです。そこまでいかなくても「買って良かった。」と思うはずです。

ゲームをプレイした人が、「簡単なゲームをやりたい。」と求めており、それが叶ったからです。

勿論、これは例えであり、実際にゲームや映画の作品には評価対象が多数に及ぶので、そう単純な話ではありませんが、突き詰めると自分の「求めている何か」がその作品によって返ってきたかどうかがその人が抱く作品への評価に繋がると思っています。

ゲーム未購入の方は、「何を求めてこのゲームを買おうとしているのか?」

を今一度頭に入れた上でレビューを読んで参考にしていただきたいです。

世にあるすべてのレビューを読む際に皆様に意識していただきたいポイントです。


プライバシーポリシー